« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

かわいいとはこのこと!

わたしったらば、田舎暮らしをしているわりに、全然、自然に積極的じゃない人なんですが、、なんか、最近の日記は、まるで積極的みたいだなーと、自分で思ってしまいますが、、、今回も自然話題でございます。

なんとですね、、『セキレイ』の巣を見つけました。ある建物の裏のネットの中に!!!
「えっ??!こんなに低いところに。巣?」
と、思ったのですが、どうやらセキレイは低いところに巣をつくるんだってね。それにしても、ネットの中なんて、人間が知らずにネットをひいたら、どうなっちゃうやら、と心配になります。


しかも、その中には、かわいいたまごが6つも。小さくて、なんとなく緑がかっててツルツルしてます。まんまるで、もう、かわいいのですよー。たまごと言えば、ニワトリという生活をしているので、野鳥のたまごなんて見たことないよ。いいもの、見ちゃいましたよ。(蛇足ですが、そういえば先日友人宅で白鳥のたまごを見た…。でかくて堅くて重かった…。これまた珍しい。食べるのかしら?)


そして、お母さんセキレイがあたためているところも写真に納められました!かわいいよー。なんとなく『見張ってますのよ!近寄ったら怒りますのよ!』って言ってる感じがして、健気です。お父さんセキレイも近くにいて、周りを見張ってます。まったく、健気で感動します。セキレイのたまごは蛇に狙われるんだって。この姿を見ると、このたまごやセキレイ両親の無事を心から願います。かわいい子どもが孵って、巣立っていくといいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はおいしいね

060427_1
こないだ、ちょっと一段落した時に、旧道や国道じゃなくて、一本田んぼの中に入った道を歩いていました。したらば、枯れた草がこんもりしているところに、ちょっと遅めのツクシを発見しました。このあたりでもツクシはほとんど頭のところがひらいてしまって時期遅れなんだけど、発見したところには、まだ頭がきゅっとした新しいツクシが沢山。うへへ~。おもわず座り込んでツクシ採り。大量!!帰ってから定番の玉子とじにしました。ほんのちょっと苦味があって春の味。おいしいね。

今年は、けっこう春のものをいただいています。こないだも、おともだちの作家さんのところに、またもや作家さんが集まった、とっても楽しいひとときがあったんだけど(幸)そこでも、タラの芽とウドの天ぷらをいただき、美味しかったな-!その時は外のデッキで緑を見ながらのお食事だったので、さらに美味しかったです。まだ桜も咲いてるし、新芽もきれいだし、猫もいるし(関係ないか…)いいですよねー、至福です。

060427_1
今日も山菜の天ぷらをいただく幸運が舞い降りてきました。。あぁ、神様ありがとー!そのうち蓬もつんできて何かつくろうかな。わらびも食べたいな-。ほんと、春はおいしいです。桜も、そろそろ終わりがけとはいえ、まだまだきれいです。今年の春は寒いけど、桜が長くもつのはいいですねー。そして、春、眠い眠いソーダくんは、あたしの背中で、、なにしとんねんっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は妖し

060420
なんとか熱からも回復してきたので、近くへ行くのに歩いてみました。薄曇りの中、周りを見渡すと、ま、桜やら水仙やら梅やら、、いろんな花が色とりどりで、、なんだか妖しい雰囲気さえ。春は不思議な季節ですね。天気も急などしゃぶりかと思うと、うっすら青空が見えたり、風がふいたり、不安定です。1年のうちに不安定な季節があるのが自然なのなら、人間に不安定な時期やところがあるのも、また自然な姿なのかもしれませんね。無理にいつでも安定していることを強要するような現代社会ってやっぱり無理があるのかなーと思ってみたりしました。自然に学ぶって大事ですね。

そうそう、熱を出して思ったのは、わたしは簡単に風邪をひいては治るタイプで、まず絶対体を無理してまで頑張る気がないので、すぐ寝込みます。で、2、3日で治る。風邪とか熱とかって、出たら出してやるといいということを本で読んだ気がします。体が熱を出す事によって毒を出そうとしているのかな。無理に薬ですぐ下げるのはよくないとか。ま、ほんとは医者に行くのが面倒とか、ずる休みが好きだからすぐ寝込みたがる、とか、そういう性質からきてるんだけど、これも悪い事ばっかりじゃないのかーと思いました。

のんびり休み、不安定な時の自分も受け入れていけたらいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱が出た

昨日、仕事の打ち合わせ中、なんともぼーっとして寒気がする。おかしいなー。風邪かしら。と思いつつ、話をすすめるが、なんだか頭に入らない。こりゃだめだ、、と思い、夕方、しっかり寝る用意をして、体温計をくわえると、なんと、38.9度!!!ちょっとこれってすごくない?しかも私は平熱が低く、だいたい35度台半ばなので、これは凄い温度差。まいったね。
病院行くにも自分で運転しなくちゃいけないので、とりあえずコンビニでルル滋養内服液を買い、それですます。お布団には湯たんぽを入れて、熱さまシートをはって、ヴィックスベポラップ(喉や胸に塗るかぜ薬)を塗って、タオルを首に巻き背中に入れ、とにかく寝る。

そしたら今朝はすっきり。
体温はまだ7.5度あったけど、ま、これで大丈夫。今日1日静かにしていよう。ということに。
もう、大丈夫です。食欲もありありで、風邪だからいいやーというよくわからない理由でイチゴのショートケーキを2つも食べる贅沢もしてしまいました。元気やん!

外は、今、まったくの花盛り。
梅も桜も満開で(これって名古屋じゃありえないよね、きれいだよー)いろんな花が咲き乱れ、すっごくきれい。いい天気だし。ほんとは、めずらしく散歩なんかして、のんびりしたい気分なのにねー。もったいないから早く直して、散歩しなくっちゃ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーホーの白い馬

060414s_2
もんもん脱出とはいえ、生活リズムがつかめないので、寝起きする時間がぐっちゃぐちゃ&やたらと寝る日々が続行中です。。。うーん、こまったものです。
ソーダも、なんだか変な感じに思ってるみたい(に思える)。
でも、さすが猫だけあって、自由に寝たり食べたりしてるけど(当たり前か)。

そんな中で、久しぶりに、墨と割り箸ペンで絵を描きました。6/23に明治座で『明治座アジアの風コンサート・スーホーの白い馬』という馬頭琴のコンサートがあるのですが、そのチラシ用に。スーホーの白い馬は、馬頭琴ができたいわれを物語ったモンゴルのお話なんだけど、今は小学2年生の国語の教科書にもで照るんだってね。わたしは知らなかったので、ネットでお話を調べて読みました。ざっとしか読めなかったので、本を見つけたら読みたいなーと思ってます。絵本もあるみたいだし。でも、自分が絵を描くには、かえってざっと読んだぐらいが、勝手に想像がふくらんでいい部分もあったように思います。けっこう気に入った作品がかけてよかったです。最近、元気な絵を描くことが多くて(今も爆発系?の絵を描こうとしていて)そういうモードにしてるんだけど、この作品は静かな絵で、それが気持ちよかったです。広がる草原なんかをイメージして。やっぱ、静かな絵っていいなーと思いつつ。。今は爆発系を仕上げるのだ!
いろんな自分がいるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんもん脱出!

不思議なもので『もんもんとしてます』的日記を書くと、
なぜだか、
もんもん状態から脱出できることが多いのです。

ということで、脱出しました。また、絵が描けます。嬉しいな。
どうやら思うに、もんもんとしてるってことを書けるようになっている時は、もんもん末期なんでしょうね。不思議なほど、頭もスキッとして、なんか孵化したような感じでさえあります。こういう周期でやっていくのが自分には合っていると言うか必要なんだろうなー。

しかし、人騒がせではありますね。
いちいち、人にもんもん状態を言わないと復活しないというのは…。
いやぁ、申し訳ない。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんもんもん

もんもんとしてます。悶々。

何かひと段楽すると、まずだいたいいつも、この感じ。
悶々。。。
やらなきゃ!やりたいじゃん!って気持ちがあるのに、エンジンかからない感じ。
何かを待ってる感じ。
はじめは、今は休んでるんだって前向きに休めるし、本を読んだりして過ごせるんだけど、それも日が経ってくると焦り始めて、でも、頭がぼーっとして体もぼーっとして、、全然だめ。
この感じは、けっこうやるせない。
やるせないのが、だいぶたまってきたので、きっともうすぐだ、と自分に言い聞かせてなんとか過ごしています。
やることも、かなりたまってきたので、そろそろ動けると思います。
こういうのって、しょうがないんだろうな~、わたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G-A-Iから伯母さんの話

先日、G-A-Iのお2人が取材に来てくれました。G-A-Iは、『素晴らしい手作りの作品を作るアーティストや、その作品を多くの人に知ってもらう場を作るギャラリーを対象にしたホームページです。』ということです。そこに、ピックアップコーナーという人物紹介コーナーがありまして、それが、いいともみたいな紹介形式で、第1回の田原くんが、私を紹介してくれたのです。4月が田原君、私は5月に載るそうです。なんか、変な話ばっかりしてた気がするので、、どんな記事になるのかドキドキです。

実はG-A-Iのあゆちゃんは、中学生か高校生の時から知ってきて、それがもう大人の女性で、、あれま、時間の流れを感じます。ちょうど絵を本格的に発表し始めた時に知り合ったので、彼女が成長しただけの月日が自分の作家歴になってるわけです。。うー、、けっこう経つのね。ちょっとびっくりしました。そんでもって、ありがたいなーと思う訳です。なんだかんだ言って、綱渡りだろうがなんだろうが、それだけの日々絵を描いてこれた訳ですからね。でもって、これからも描く訳ですよ。有り難いことです。合掌。

先日、名古屋にいる時、絵描きの伯母のモデルをしました。彼女は画歴50年を超えてます。なにせ伯母なので、プライベートなダメダメ人間部分をよく知り過ぎているので、つい、軽く?見てしまいますが、絵描きとしてはすごいなーと最近しみじみ思います。彼女は真剣なのです。絵に対して厳しく考えてる。それが言動に出過ぎて傍若無人な印象があるけども、、でも、真剣が持続してる。それってすごいことです。ピリッとしたやる気が湧いてきました。わたしは彼女とは全然違った絵の道を歩いているけれど、50年後、やっぱり自分の絵を制作し続けていられたらいいなーと思います。(生きてるかわからないか…生きてるうちはできるかぎり描いていたいな。)

G-A-Iは手作り、ハンドメイド、クラフト、アーティスト、ギャラリーの情報を載せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一段落して考える

はぁ、やっと一段落です。
グループ展「学校」も終りました。
加子母にも帰ってきました。
すっかり春めいています。
ほーっとしています。

学校展、御来場いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
お会いできなかった方、ごめんなさい。
今回は、ほんとーにいろいろと考えさせられる展覧会になりました。

今回は、参加者のスタンスがいろいろでした。作家でやっていこうという人、仕事を持っていてプロでやるつもりはないという人、作家という意識はなくお仕事でイラストを描いている人、ほかいろいろ。わたしは、、、と考えました。自分はどうしたいのか…。どういう作品を作っていきたいのか。。いろいろ考えたり再確認したり。やっぱりわたしは、どんな絵を描いていても「わたし」ってわかるような作品を作っていきたいし、そのためには何をしたらいいのか分からないけど全力制作をすることなのかなー。それからどんな仕事も楽しんでやりたいし、うーん、頭でははっきりしているけど、うまく伝えられないな。。とにかくこれからも、よりストイックに、より全力で、自分の穴を掘っていくことが作品づくり、なのかな。と、思っています。わたしはそういう人になりたい。

今回の作品は、楽しんで作りましたよ。絵の具を今まで使っていたものより少し高いものに変えたら、、色がきれいなのですよ!(←って当たり前か?)。で、きれいなので楽しくって!いやぁ、今更ですが、材料って大切ですね…。それからミニ絵本?ができたのもよかったです。楽しんでもらえたみたいだし、自分でもいい気分転換になるし、これからもいろいろちょこちょこ作ってみたいです。

展覧会ってやっぱりいろいろ身になりますね。そんなことを考える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »