« 枝を引きずる | トップページ | せっぱ詰まって »

おさななじみ加子母へ


1泊2日でおさななじみが二人加子母に遊びに来てくれました。

なんとか天気がよかった昨日。のんびり川沿いを歩いたり、わらびをとったりしました。(毎日住んでいるのに全然川沿いを散歩したりしないのに、友達が来ると違うね。)幼稚園からの友人と小学校からの友人。今でも対等に付き合ってくれる大事な友達です。川沿いを歩いていたら、満開の八重桜がとてもきれいでした。手の届くところ花をつけた小さい木で、華やかで乙女な感じ。また、だいぶ葉っぱが出てきている桜の大木からは、桜の花びらシャワーが。はらはらと舞って落ちる花びらは、粉雪のようでもあり、美しかったー。しばし少女に戻って?舞い落ちる花びらをつかもうとする女3人。なんかつかめたら幸せもつかめる気がしたんだ。

歩きながら話していて気づいた事。このあいだ日記に書いた『木を引きずって歩く楽しさ』をおさななじみも知っていました。っていうか、どうやら一緒にやってたいみたい。幼稚園とか小学校とか、ほんとに小さい時に。他にも石ころを蹴りながら道を歩く楽しさとか。なんか、そういう幼児体験を一緒に過ごしてるっていうのは、すごい事だな-と思いました。大人の自分を形成する上で、同じ要素を持ってるって感じです。
それってものすごくありがたいことだと思います。ミスマープルが『年老いて自分の若い頃を知っていてくれる人がみんな亡くなってしまうのはとても寂しい事だ』ってなことを言っていたけど、ほんとにそうだろうと思います。親とかおさななじみとか、自分の歴史を知ってくれている人がいるって幸せなことですね。

女3人集まれば、ま、しゃべり倒すわけです。これも、ありがたいことー!!聞いてくれるってありがたい。ほんと楽しかったです。夕飯にたらの芽とコンテツ(こしあぶらとも言います)を天ぷらにして、ケイチャンを焼いて、おいしかったなー。

でも、、問題は、、、、ソーダっすよ。猫大好き人間の友人が(今回遊びに来たのもソーダ目的が大)、嬉しさ余って?近寄ったらば、ソーダパニック!!で、逃げまどって、隠れちゃって、、、うーんーーー。出てきてくれよ-、という飼い主と友人の願い空しく、シッポを狸にして隠れてました。。みんな寝ちゃったら、匂いを確認しに行ったみたいで、次の日は少し落着いてたけど、やっぱり、愛想はなく…。友人、すまぬ。追い掛ければ逃げるって、、人も猫も同じなのね。次回は『ソーダなんか知らないよ-』っクール作戦でいきましょう。お客さんを送った後、家へ帰ってみると、例の友人の布団の上でリラックスしているソーダ。ほんとは好きだったのか?それとも征服感か?!ふー。

|

« 枝を引きずる | トップページ | せっぱ詰まって »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34999/1707061

この記事へのトラックバック一覧です: おさななじみ加子母へ:

« 枝を引きずる | トップページ | せっぱ詰まって »