« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

美殿町かいわい

ちょっと前に、友だちと岐阜でぶらぶらしてきました。


ヤナガセの道はさんだところに、美殿町(みとのまち)があります。
2年ぐらい前に、ここのイラストマップを描かせてもらったのがご縁。店先に自分の描いたマップが置いてあるのが嬉しかったです。じつは、この町の入口に大きなサインボードができました。イラストを描きました。机の上で描いていた絵が、実際でっかくなっていると、けっこうビックリうれしいです。この町は、ガス灯がシンボルで、お祭りの時は着物好きの女の子たちが集まってくるとか。そうそう、8/17には『特捜!板東リサーチ』の放映があるんだって。なんか、がんばってる町です。

ここにあるフィールドというお店でランチ。古い普通の家みたいで、たくさんの本があって、落着きます。ランチのお弁当もおいしいです。アイスカフェオレも氷も珈琲でうれしいです。近くにあったら通っちゃいます。マップに載ってないけど、素敵です。


一緒に行った友だちの友だちのお店に行きました。雑貨屋スーベニイル。とにかくかわいいです。すてきです。ハンドメイドです。わたしは、クリオネ模様の型染めの日本てぬぐいと絵はがきを購入。マッチの一本一本に顔が描いてあるのや、ガラスのチョウチョブローチや、もう、こたえられません。メルサの裏にあります。ここもオススメです。

なんか、岐阜もおもしろいお店ができてるようです。大きなデパートはなくなっていくけど、小さいお店がおもしろい。また、探検しにいこー。

| | コメント (0)

勘三郎アタックプロジェクト

昨日、かしもの明治座で中村勘三郎襲名披露公演、ありましたー!!
我が村の芝居小屋に、これだけのビックネームが襲名披露公演!とは。。
いろんなひとが、いろいろ動いて、ほんとに、一大プロジェクトでした。

わたしは、かしも通信の取材で、なんとか、勘三郎さんから、村の人にメッセージをいただきたくて、かしも通信のみんなとずっと他方面からお願いをしてきたのですが、さすがに勘三郎さんまでは遠かった。でも、ほんとうに幸運なことに、加子母にご縁のある方が勘三郎さんとお友だちで、その方がかしも通信の活動やかしも歌舞伎の活動に興味を持って下さり、勘三郎さんに紹介していただけることになりました。

結局、勘三郎さんとは3回の接触に成功。
ほんとうに丁寧にいろいろお話ししていただけました。
いやぁ、よかった。
なんかね、一線で活躍している人の熱を感じれました。
加子母のじいちゃん役者とも会ってくれて励ましてくれたし、最後は舞台にじいちゃん役者をあげてくれる!!し、明治座の裏の壁に名前書いてくれたし、村中に流れる無線用にメッセージも録音させてくれたし。大サービスでした。ありがとうございました。感謝感激です。

舞台、よかったです。
いつも自分が地歌舞伎で立っている明治座の舞台で見る勘三郎さんは不思議な感じです。
勘三郎さんはやっぱり、他の役者さんとは別格だな、と思いました。
もちろん主役だし、上手いし、いろいろあるんだけど、オーラかな、ひきつけるものがありました。たぶん、精神というか、心でしょうね。。。なんか、すごいよ。
息子の七之助さんもオーラがあった。そのうえ、美しい。見愡れる。立ち姿、所作、表情、なにからなにまで、美しかった?。男役も女形もめっちゃくちゃ、美しい。TVで見る姿はそうでもない気がするけど、歌舞伎やってる姿は、もう、目がハートになりますね。きれい。しかも私が9月に地歌舞伎でやるのと同じ役を………。(義経千本桜鮨屋の場のお里)。大歌舞伎と地歌舞伎は、もちろん別物だけど、若干プレッシャーがかかる…でもやる気でた。わたしなりのお里をやろーと。ほんとうにいい勉強でもありました。


おまけ:篠山キシンが写真撮りに来てたよ!

| | コメント (1)

森の絵本


森の絵本

好きな絵本の話が続きますが『森の絵本』好きです。

今日、あまりの暑さに、乙女渓谷に行きました。家から車で10分も行けばつくのに、何年も行ってなかった乙女渓谷。新しく木道ができたので、わたしみたいな足下の危ない人でも大丈夫かな、と思って一人で。この道は、最終的には小秀山登山道になるんだけど、1時間半ぐらいいけば、夫婦滝というとっても美しい滝まで行けます。でも、今日はもっと近い、20分ぐらいのところにあるねじれ滝まで行って引き返してきました。一人で歩くのもきもちいいですね。とっても爽やかで、涼しくて、空気がおいしくて、、これからは、もう少し気軽に行きたいな、と思います。それに今度はおべんと持って夫婦滝まで行ってこようと思います。

さて、森の絵本ですが、、、
たまに一人で声を出して読んでみます。
なにか優しい気持ちを思い出させてくれる本です。
大人にこそ、味わってほしい気がします。
できたら、一人で。
できたら、声を出して。

それに荒井良二さんの絵が、すっごくきれいで、ちょっとおちゃめで、もう、素敵です。

〜あなたの大切なものはなんですか?
〜あなたの大事なものはなんですか?

| | コメント (0)

ふようどのふよこちゃん



ふようどのふよこちゃん
本屋に行って、ふと夏休みの課題図書が並んでいるコーナーを見ると、この『ふようどのふよこちゃん』が目に飛び込んできた。飯野和好さんの絵は、前から好きだったけど、ふよこちゃん、、、、やられました。茶色い。腐葉土色。思わず手にとり立ち読み。あぁ、とってもよいのです。ふよこちゃんの家族のあたたかさ、日本の原風景的田舎、加子母に住まなければ、もしかしたらこんなにぴったりしっくり日本の田舎風景を感じることはできなかったかもしれないなー。とてもとても気に入ったので、そのうち欲しいな−と思いました。優しいお話です。そして、腐葉土がとてもきれいな色に見えます。きれいなものに見えます。今なら書店に並んでいると思うので、ちらっと読んでみて!


| | コメント (0)

トマトマト

昨日、トマトの選果場で働いている人から、超完熟トマトをたくさんいただきました!
わたしの手ぐらいでかい立派なトマト、12個!
とっても赤くてきれいです。パンパンにはってます。
商品にするには、完熟過ぎてダメなトマト、ということらしいけど、すごくおいしそうです。

1つは、すって、トマトジュースにしました。
う、うまし。。
5つは友だちに、残りはトマトソースにしました。
さっそく夕飯はトマトスパでございます。るんるん。

これから、トマトになすにキュウリにゴーヤに、おいしい季節です。
わたしは口を開けて待つばかり(雛か!?)。
ありがたや、ありがたや。

| | コメント (4)

もやもや掃除

ちょっともやもやしていた。
ので、夕方、掃除をしました。
最近、いらないものを整理することを始めたのだけど、ここんところ、また、ほったらかしだったから。それに、梅雨も寒いからっていってしまってなかったホットカーペットとかじゅうたんとかを片付けて、すっかり夏仕様に変えました。は~、すっきり。畳っていいね。勢い余って家具の位置とか変えてみたりして。なんか、すっきりしました。
部屋は人を表す。
ってほんとだね。
さぁ、どしどし片付けて、荷物も減らして、身軽でシンプルになるぞ~!

| | コメント (2)

キラキラヒカル

ホタルを見ました。
少しだけ雨が落ち始めていたけど、田んぼの畦や、木にも、たくさん。
キラキラ光るホタルの光りは、なんともきれいで、儚いような力強いような、不思議な感じでした。

14,5年前は田んぼが輝いて、ダイヤモンドがたくさん光っているようだったそうです。
輝く田んぼ。
それはそれは、きれいだっただろう、と思います。

ちょっと、自分の中に、ひとつカケラをもらった気分。
何かが、小さく輝いて瞬いているみたい。
そのうち、絵が描けそうです。

| | コメント (5)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »