« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

ネコネコネコ

0609303
何匹いるでしょ〜!


現場では、お店の中にも、お店前の木ノ下にもいるよ。
参道ミュージアムへ行って確かめよー!(笑)

| | コメント (0)

参道ミュージアム明日始まるよ!

060930
覚王山の参道ミュージアムの搬入展示に行ってきました。
チーズのお店、メルクルさんに、
メルクルを舞台にしたチーズと猫と鼠の絵本と、
猫ぐるみをたくさん展示してきましたー。
あー、つかれた。
でも、楽しかったな-。

ほかの作品もおもしろかったよ。
地下鉄の入口とか…(笑)

2006.10月1(日)~9(月・祝)
(10月8・9日メインイベントクリエーターズ秋祭)
日泰寺参道界隈にて
http://www.kakuozan.com/event/2006/museum/

| | コメント (0)

ブルース・星・カヤネズミ

甘露にブルースを聞きに行ってきました。
ギターと歌と尺八。
尺八の音を聞きながら、出してる以外に出てるヒュルル〜とかキ〜ンっていう音が気持ちよかったな〜。
歌とギターを聞きながら、踊ってました。手先だけ。頭の中では全身で踊ってるイメージ映像が流れてて、ほんとは踊りたいんでしょうね、わたし(笑)そんな自分がおもしろかった〜。

帰ってきて、空を見上げると満点の星でした。
きれい。。そして、これから寒くなるな。

玄関を開けても、ソーダが来ない。
おかしいな、、、と思うと、いつもと違う声がする。
電気をつけると、、、かやねずみ。
ソーダにやられていました。
かやねずみって、田んぼにいるらしいんだけど、茶色くて小さくてかわいいの。なんで、家にいるのかな〜。今年は3匹目です。。

今、猫とねずみが仲良くなる絵本描いてます。
10/1〜9まで覚王山の参道ミュージアムで展示します。

| | コメント (2)

ぼんやりと輝く色彩

060913
雨の中、古代米を育てているお友だちの田んぼを見に行ってきました。
赤米、黒米、このあか、緑米、そしてこしひかり。
ほんとうは、もう少し前、実って穂が頭を垂れるより少し前が、一番色鮮やかなんだそうです。今日は雨も降っていたから、よけい深く頭を垂れていました。鮮やかさは控えめだけど、溶けていくような色彩が美しかった。写真は、赤米とこしひかりの田んぼ。色のコントラストが美しいです。古代米は、少し遅くに収穫するので、もう少しこの田んぼが見られますが、こしひかりやあきたこまちなどの白米は、そろそろ稲刈りが始まりました。この長雨が途切れた時に、きっと一気にかるんだろうな…。そうしたら、冬の足音が聞こえてきます。

| | コメント (0)

10月には

今年は、
覚王山の参道ミュージアムに参加しますー!
街アート部門です。

覚王山のチーズ屋さん『メルクル』さんを舞台に、たっくさんの猫オブジェと、オリジナル絵本を作る予定です。野外展示ってあんまりしたことがないので、どきどきです。しかも、立体を作ろうと思っているので!こちらも楽しみ。こないだ試作に子猫を作ってみたら、なかなかかわいい。。あと、20〜30匹は作りたいと思ってるけど、さてさてどうなることやら。。
参道ミュージアムは、10/1(日)〜9(月祝)までです。
あ、それからメインのイベント、覚王山秋祭は、10/8(日)9(月祝)です!アートマーケットもたくさんあるよ!たぶん、わたしもお店を出していると思います。その時には、来年のカレンダーも発売したいなー。さてさて、9月は準備におおわらわだ!がんばろー!

覚王山のHPはこちら→http://www.kakuozan.com/top.html

覚王山のチーズ屋さん メルクル
〒464-0064
名古屋市千種区山門町1-47(日泰寺の参道沿い)
Tel&Fax.052-761-9881
営業時間 11:00~19:00
お休み 月曜・第1火曜
フランス・ボルドーの熟成士ジャン・ダロス氏によるこだわりチーズなど。はちみつはパリ・レザベイユから直輸入。

| | コメント (1)

秋がきました

日曜日に、歌舞伎公演、終りました。

これまでにないお客さんの数に驚き!ほんとにありがとうございました。

わたしは、その日体調が悪かったのか、さんば(←漢字が分からないんだけど、舞台をあける前にお清塩をふって乾杯する儀式)の時に一口飲んだお神酒がまわってしまって、、2時間ぐらい寝込んでいました…。本番前なのに…。のんでから3時間後、化粧をしてもらう順番が来て、顔に一刷毛ぬってもらった瞬間、化粧の香りと冷たさに、はっと目が冷めました。
そんなこんなで、全然客席に顔を出すこともできず、台詞を復習することもなく、幕があがってしまいました。役も、ほんとに難しくて、こなすのに精一杯だったけど、見ていたお客さんからは、誉めていただき、よろこんでいただけたみたいなので、精一杯やってよかったなーと思います。何年かあとにもう一回この役を頂くことができたら、もう少しましにできるのかなーと思ったりもしますが、ま、そんなことは、ないのかな。今回の舞台は今回しかできなかっただろうし、今は実感ないけど、もう少ししたら徐々にやった実感が湧いてくるのかもしれません。

そして、歌舞伎も終ると、加子母に秋がきます。(個人的に)
まわりは、もうすっかり秋。
稲穂が頭を垂れています。
実りの秋。
なんだか豊かな気分になりますね。

10月の覚王山参道ミュージアムに野外展示で参加します。
これから1ヵ月は、その準備と制作。
楽しみです。
見に来て下さいな−!

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »