« そろそろ歌舞伎漬け | トップページ | 10月には »

秋がきました

日曜日に、歌舞伎公演、終りました。

これまでにないお客さんの数に驚き!ほんとにありがとうございました。

わたしは、その日体調が悪かったのか、さんば(←漢字が分からないんだけど、舞台をあける前にお清塩をふって乾杯する儀式)の時に一口飲んだお神酒がまわってしまって、、2時間ぐらい寝込んでいました…。本番前なのに…。のんでから3時間後、化粧をしてもらう順番が来て、顔に一刷毛ぬってもらった瞬間、化粧の香りと冷たさに、はっと目が冷めました。
そんなこんなで、全然客席に顔を出すこともできず、台詞を復習することもなく、幕があがってしまいました。役も、ほんとに難しくて、こなすのに精一杯だったけど、見ていたお客さんからは、誉めていただき、よろこんでいただけたみたいなので、精一杯やってよかったなーと思います。何年かあとにもう一回この役を頂くことができたら、もう少しましにできるのかなーと思ったりもしますが、ま、そんなことは、ないのかな。今回の舞台は今回しかできなかっただろうし、今は実感ないけど、もう少ししたら徐々にやった実感が湧いてくるのかもしれません。

そして、歌舞伎も終ると、加子母に秋がきます。(個人的に)
まわりは、もうすっかり秋。
稲穂が頭を垂れています。
実りの秋。
なんだか豊かな気分になりますね。

10月の覚王山参道ミュージアムに野外展示で参加します。
これから1ヵ月は、その準備と制作。
楽しみです。
見に来て下さいな−!

|

« そろそろ歌舞伎漬け | トップページ | 10月には »

徒然」カテゴリの記事

舞台のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ歌舞伎漬け | トップページ | 10月には »