« 巨木 | トップページ | 今年の〆が歌舞伎かな »

加子母の人が殺される!?

還らざる道 2時間サスペンスドラマのシリーズにもなっている、浅見光彦シリーズの最新刊、還らざる道。これねー、、、被害者の実家が加子母村なのですよ!

実際、著者の内田康夫さんが、加子母に取材に来たって話です。加子母村民としては、出てくる登場人物が「あ、これ、前の村長さんだ。こっちの人、役場の誰々さんだ」って心当たり満載。なじみのある地名や、温泉が出てきて、おかしい。加子母へ行く道順を人に聞いているシーンを読むと「いやいや、それより、こっちの方が近いし」とつっこみを入れたくなるし、普通、小説を読んでいる時とは、違う不思議感がありました。それに、現実の加子母の雰囲気とは、やっぱり違うし。最初は、加子母が気になってしまったけど、読み進むうちに、作品世界に引き込まれて、加子母なんだけど、加子母じゃないような、異空間のお話みたいでした。

なにせ、謎が加子母にあるから、加子母近隣を主人公が歩き回ります。

お話としてもおもしろいし、よかったら、読んでみてください~!

火曜サスペンスのドラマにならないかなー。加子母ロケ、、、いいねー。

|

« 巨木 | トップページ | 今年の〆が歌舞伎かな »

本のはなし」カテゴリの記事

コメント

へー。
今度、読んでみようっと。
今度そちらへ遊びに行ったときには、
浅見光彦ごっこをしましょう。
名探偵役はソーダくんで。
あ、それじゃあ『三毛猫ホームズ』シリーズなっちゃう?

投稿: 99 | 2006年11月27日 (月) 10:55

浅見光彦ごっこ!!
いいねー!!
三毛猫ホームズシリーズか〜、、。
あれって、メス猫じゃなかったっけ?
どっちかというと、ソーダって名探偵というよりは、ワトソン、ヘイスティングス路線かも。。

投稿: ほんま | 2006年11月27日 (月) 18:46

去年の記事にコメント書いて・・・すみません。
突然ですが、内田康夫さんの大ファンです。
全冊、購入しておりまして、上記の本も読んでおります。
軽井沢まで出向いて、内田さんから直にサインしてもらった本(たしろけいこ様へ、と入れてもらいました)と、一緒にとってもらった写真は、家宝?!です。

投稿: たしろけいこ | 2007年1月 7日 (日) 17:37

サインと写真!!
そうなんですね〜!
いろんなところを舞台に書いてみえるので、いろんなところに人が、私みたいに喜んでいるんでしょうね。

投稿: ほんま | 2007年1月 7日 (日) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨木 | トップページ | 今年の〆が歌舞伎かな »