« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

プラマイゼロ

070427
今日、女の子猫が1匹里親さんにもらわれていきました〜!
やった〜!うれしいな。
とっても瞳を輝かせて『どの子にしようかな〜』と選んでいた彼女。
家に子猫用のミルクも哺乳瓶もあるということなので、ネコ上級者のようです。とっても幸せの予感。ちょっと小さい子だったので、ほっとしました。ありがとう。幸せになってね〜。
もう一人、里親さん確定(どの子にするかは未定)なので、あと、2匹です!


と、
喜んでいた所へ、
ひょんなことから、もう1匹。
はぐれ子猫を預かることになりました。

基本、わたしは、ネコの保護をしているわけではありません!ネコは20年生きる子もいるぐらいで、そう簡単に無責任に、子猫を預かるわけにはいかないこともわかってます。だから、最初の子達の時、もし誰も里親になってくれなかったら、わが家がネコ屋敷になる覚悟でした。そういうもんだと思うんだ。もしも、だめなら、責任を最初からおってはいけないよね。なので、この1匹が増えることには、とってもとっても悩みました。でも、預かることにしたからには、とにかく里親さんを探します!そうです、わたしの里親さん探しは続くのでした・・・・ふぅ〜。

| | コメント (2)

ネコでだいじょうぶ展初日!

070426g
今日から5月21日まで、覚王山の覚王山アパートにある『はいから猫』さんで『ネコでだいじょうぶ』展がはじまりました!
小さなスペースですが、かわいい展示ができました。寄ってみてくださいね〜。
このお店、常設で20人ぐらいのネコ作家さんの作品が置いてあります。もう、、、、ほんとうに、そそられる!かわいい! ある意味、ネコ好きには酷なお店かも(笑)
朝、スターキャット(ケーブルテレビ)の取材が来てくれました。明日の夕方5時と夜11時のニュースでちょこっと紹介されるそうです。私もしゃべってる、、、、かも(キャー)。

| | コメント (0)

目が開きました!

070426
ギャラリーの搬入で、名古屋に行っている間に、子猫、目を開きました。まだ、もちろん見えてないので、みんな青グレーの瞳ですが、4匹の顔に個性が出てきました。かわいいよ〜。1匹、里親さんが決まりました。あと3匹。引き続き募集中で〜す!!

| | コメント (0)

今日の子猫

070424
だいぶ、しっかりミルクを飲めるようになってきました。
この調子でいけば、全員助かるかもしれません!
よかった〜。
ということは、里親です。
しっかり探さなくては。
どうか、みなさん、よいご縁があったら、教えて下さい。
お願いしますm(_ _)m

明日は、名古屋覚王山のはいから猫さんの個展の搬入です。
まさにタイムリー。
本間希代子個展『ネコでだいじょうぶ』です。

| | コメント (0)

子猫をもらって下さい

070423
今日から、子猫を4匹保護しています。
まだ、生後4、5日というところで、男の子1、女の子3です。
大きく育ってくれるかわかりませんが、一生懸命猫ミルクをやったり、おしっこの世話をしたりしています。今は、お友だちのアトリエで預かってもらっています。
とてもかわいい茶虎です。どなたか、かわいがっていたらける方はいらっしゃいませんか?どうか、助けてあげて下さい。

実は、先日、他の子猫を3匹、保護しようとした矢先に、近所の大人猫(ボスだったのかもしれません)に、やられてしまったことがありました。ほんの数分助けるのが早ければ、助かった命でした。ほんとうに無念で。なので、今度の子達は、とにかく精一杯世話したいと思っています。ほんとうに、どうぞよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

安野光雅の世界展

こないだ、ナゴヤの松坂屋でやっている『安野光雅の世界展』に行って来ました。
あんまりよく知らなかったんだけど、どうやら子どもの時にしっかりみていたのか、テイストがユーモアが、いろんな感覚が、とっても自分的には『わかるわかる〜〜!!』と思い、大喜びでした。なんていうか、とても楽しい。描いてる時もきっと楽しいだろうな〜って。あの細かい作業、色付け、、、、わたしも大好きなので。本を2冊買いました。旅の絵本5ともりのえほん。旅の絵本には、全ページ一人の旅人が描かれてたり、カバやおとぎ話の人々が隠れてたり、もう、見飽きません。もりのえほんも、森の中に動物が隠れてる。こういうの、ほんとに楽しいです。
この展覧会は、4月10日まで。
詳しくは松坂屋のHPにて!http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/anno/index.html









旅の絵本〈5〉


Book

旅の絵本〈5〉


著者:安野 光雅

販売元:福音館書店

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »