« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

その後の子猫

先月末に里親さんにもらわれて、トマトハウス猫になったスターちゃん。
先住猫(半年だけ年上の男の子)とも、仲良しで、まだちびこい二匹ですが、他所の猫がハウスに来れば、そろって『シャーー!!』と威嚇しているそうです(笑)来年の今頃には、二人に赤ちゃんが生まれてたりして・・・。とにかく、安心しました〜。幸多かれ!
ちなみに名前は、この家の小学三年生の男の子が命名、『クリス4号』で『よんちゃん』と呼ばれているようです。
070625写真は、、、関係ありませんが、無印猫です。。

| | コメント (0)

む し

二晩続けて、
ムカデのため、
眠りが浅く、
結果、
昼間もぐたぐた寝ています。。

ムカデの季節だ〜〜〜!

しかも今年から!なんと寒冷地の加子母に茶バネが出るです!茶バネと言えば、茶バネゴキブリ。ゴキブリがいない、という、素敵な寒冷地なのに!ま、ね、実はゴキブリは全然平気なので、キャーとかギャーとかないんだけど、どうも、、、、ソーダが食べてる気がする。遊んでるところを二匹捕獲したんだけど、あきらかに足と羽の一部が落ちているのって…。お腹、壊しませんか?あなた。。。

そして、二晩続きのムカデは、大きかった。

基本、ソーダが見つけてくれるので、今だ被害はないけれど、大きいと恐怖も倍増。しかも!最近ずっと定番の冷却殺法(エアーダスターを逆さに噴射して凍らす)が、でかいとなかなか効かない!効くのに時間がかかるのだ!!小さければ瞬殺なのに…。もがき苦しむの見たくないのに。。。。二晩とも、一度逃げられているので、やるまで安心できず…。。。

あ〜あ〜あ〜。

家の中にハチがいるし。

あのね、ムカデさん、ハチさん。基本、君たちって悪さしないよね?だから、視界に入らないで、私を刺さないでくれれば殺すことないのよ。どっか行ってくれないかしら?と念じる日々は続きます。


ゴキブリは、、やっぱ、ホイホイだよね。

| | コメント (2)

企み

去年は、絵に専念するのだー!なんて思って、できるだけ他のことに首を突っ込まないように、って思ってました。
そしたらば、今年は、倍返しのようにたっくさんのことに首突っ込んでます(笑)。
昔から、イベントやったりなんだりって、ついついやっちゃうんですよね〜〜。これは、好きと認めた方がいいんだろうな。なので、今年はなんか気ぜわしいです。

今は、
7/29に、明治座で『北インド音楽(シタールとタブラ)とパントマイム(清水きよしさん』)ってイベントがあります。ふっふっふ。インドから演奏家の人が二人くるんだよ〜。パントマイムの清水さんは、どうやらすごい人らしいです。楽しみ!
9/2には、明治座で地歌舞伎があります。35周年です〜〜!わたしは初の人妻で、もうすぐ御稽古も始まるのだ。。おぉ、、、台詞覚えなきゃ!
9/9には、ふれあいのやかたかしもで、『心のアラスカ〜星野道夫の思いを繋ぐ』ってのがあります。星野道夫さんの写真のスライドショーと星野さんの文章の朗読、名古屋大学の教授の講演(先住民族とかが専門)です。無料です。会場に閲覧できる写真集をおいたり、いろいろ企み中です。
9/15には、明治座で、ガイアシンフォニーの第三番やりたいと企画中。上記の心のアラスカとからめてね。

なんか、忙しそうな夏になりそう・・・。
でも楽し〜〜〜!!

まだまだ、あるんだな〜、企み。ふっふっふ

| | コメント (0)

最近いろいろあったんですよ。まず、ソボクロ

070615s_1
なんかね、ちょっといろいろあったので、全然更新できませんでしたが、いろんなことがあったわけで。。。御紹介します〜。

先週末には、6日の日記でお知らせしました『原っぱのお話と絵といとうたかおライブ』がありました〜!場所のソボクロは、川名の原っぱなのかにある、もうすぐ取り壊せれちゃう長屋を改造したところなんだけど、なんともいい感じです。もうすぐ取り壊しなんてもったいないな〜。昭和って感じが懐かしくていいのに。。。

逢魔が時って感じの7時頃、ライブ始まりました。満員。どんどん暗くなっていく原っぱを見ながら聞くライブは、とてもいい感じでした。お料理もと〜〜〜ってもおいしくて!カレーとタラモサラダ(じゃがいもとたらこのサラダにガーリックトーストなど)と大きなおいなりさんと、、ってたくさん食べてしまいました。

二部のはじめに、私の描いた絵と、朗読と、たかおさんの即興音で、静かに繰り広げられた紙の劇場。これも、不思議な感じ満載で、とってもよかった。なんか1回で終っちゃうのもったいないぐらいです。そのうち、たかおさんの文章と絵をまとめて手づくり絵本でも作ろうかな、と思っています。

| | コメント (2)

出版記念パーティー!









グレッグ・アーウィンの英語で歌う、日本の童謡


グレッグ・アーウィンの英語で歌う、日本の童謡


著者:グレッグ・アーウィン

販売元:ランダムハウス講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


東京に行ってきました〜!!
実は、加子母は『新宿直行便高速バス』があるのですよ!乗ったら、新宿!5時間かかるけどね、便利です。
で、この本の出版記念パーティーが六本木(!)であったのです。

出版記念パーティーなんて、初めてです。どんな服着てけばいいの??どうしたらいいの〜??って感じでしたが、終ってみれば、とっても楽しかったです。
グレッグさん(本の著者で童謡を英訳して歌っているアメリカの方です)にも雨宮さん(日本語版童謡を歌ってみえます)お会いできたし、お二人とも、とーーーーっても気さくな感じのピュアなお人柄だったし、本についているCDと同じピアニスト、チェリストさんの演奏でのコンサートもあったし!!大満足です。絵を描いている時にずーっと聞いていた歌声の生ですから、いろいろ思い出したりして、感動しました。グレッグさんのお姉さんも来日されていて二曲程歌ってくれました。なんかね〜、やさしくて素敵な歌声でしたよ。
会場には挿し絵が全部額装して飾ってあって、自分の絵の近くにいると、いろんな方が話し掛けてくれて、あっという間に時間が経ってしまいました。興奮してたのもあってか、立食パーティーのお料理をほとんど食べれなかった…のが、残念(笑)。でも、実際に本の制作に関わったたくさんの人々とお会いできたことが嬉しかったし、たくさんの人が本を応援してくれるというのも嬉しいことです。

今回のお仕事は、まず自分が童謡が好きというのがあったのでとても嬉しくて、改めて歌詞を読み直すと日本語の素晴らしさに感動したりして、童謡の世界が加子母とシンクロしたりして、ほんとうにやらせてもらってよかったな〜と思います。第二弾、出るといいな〜。そんでもって、また、描きたいな〜と思います。

ぜひ、プレゼントや自分用に、いかがですか?

| | コメント (0)

築地場内

070615

東京で、ともだちが、築地へ連れて行ってくれました〜〜!!

刺身!刺身!刺身!
魚!魚!魚!

わたし、お刺し身大好きなんですよ。。。

ともだちのともだち?の『築地王』なる人オススメの『高はし』に入り、オススメのアンコウはなかったけど、わたしはお刺し身定食、ともだちはアナゴ丼を食べました〜!お刺し身のマグロは『噂の脱北者がのっていた船がいた海域でとれました』とかなんとか書いてありました。。おいしかったな〜。とろけるよ〜。鰺も最高!あぁ、近くに住んでたら、通いたいです。

今回は、とんぼ返り東京だったので、あわただしかったけど、ほんとうにお世話になりました!!

| | コメント (2)

今週末は紙の劇場

今週末に、名古屋でイベントあります〜。原っぱのお話と絵といとうたかおライブ!です。

んで、わたしは、いとうたかおさんが書いた『原っぱの中の原っぱ』というお話に、絵をつけました。スライドで絵を投影して、朗読があって、音楽があって、というお芝居のような絵本のような…紙の劇場です。

もちろん、いとうたかおさんのライブはしっかりありますよ!
よかったら、遊びに来て下さい〜。今回はわたしも見に行きます〜。お店には、紙の劇場で使う原画を展示する予定です。

原っぱのお話と絵と
いとうたかおライブ
2007.6/10(日)OPEN 17:00 START 19:00 
前売り\2,000 当日\2,200(ドリンク別)
『原っぱの中の原っぱ』
文/いとうたかお 絵/本間希代子 読み手/谷 陽子
ソボクロにて(名古屋市川名)
公園整備のため、今、川名の町が原っぱになっていっています。
ここ、ソボクロもあと数カ月で取り壊されます。
そんな原っぱにぴったりのお話と絵とライブを開催します。
ぜひお越し下さい。
いとうたかお:http://itotakao.kustos.ac/

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »