« 暑いです | トップページ | つっこむん »

シシュマレフ

何日か前の深夜のニュースで、
突然聞こえてきた
シシュマレフ
という言葉。


シシュマレフ、シシュマレフ


写真家の故星野道夫さんが、アラスカと出会ったゆかりの地だ。
神田の古本屋で見つけたアラスカの写真集に載っていたシシュマレフの空撮写真に魅せられ、ちょくせつ手紙を書いたことがきっかけで、星野さんのアラスカ滞在がかなったところだ。

星野さんは10年前に他界しているけれど、星野さんと出会った人々はまだ、暮らしている。星野さんのエッセイの中に出てくる人々は、読んだだけの私にとっても、不思議なほど身近に感じるのに。その人たちが、温暖化で、シシュマレフ村で暮らせなくなっている。移住が住民投票で決まった。シシュマレフは、人が住まなくなってしまう。

なんだか、
温暖化が、
急に身近で、
とてもリアルに感じられた。

この世のすべては変わっていくけれど、それが私たちのエゴで、他の動物を巻き込んで、力ずくの勢いで、変わってしまうのは、どうしても、いいことではない。

なにができるだろう?


朝日新聞の記事:http://www.asahi.com/special/NorthPole/TKY200608070390.html
写真の多い記事:シロクマとかの話もあるよ
http://doraku.asahi.com/lifestyle/greencafe/earthphoto/index.html
星野道夫さんのHP:http://www.michio-hoshino.com/index.html
写真1

|

« 暑いです | トップページ | つっこむん »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑いです | トップページ | つっこむん »