« 夜桜も美し | トップページ | 個展のお知らせ »

中村哲さん

講演会を各務原まで聞きにいってきました。

中村哲さん。

中村哲さんはお医者さんです。
現在、アフガニスタンで医療活動をしています。
そして、干ばつに見舞われたアフガニスタンで井戸や水路を作る活動もしています。
空爆のときは、緊急食料援助を行いました。

現在60才を迎える、小柄だけど、力強い、でもやさしそうなおじさんです。

詳しくは、ペシャワール会のHPを見て下さい↓
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

前に、イラクで拘束されていた高遠なおこさんの講演会を思い出しました。今回も、お話を聞いていて、アフガニスタンに対する誤解や理解のなさ、報道コントロールを切々と感じました。

すごいな〜と思うのは、『とにかく、生きてくために必要な水を確保するということ。』というストレートな、ぶれない言葉。そうだ、生きていくことが、一番大事だ。。

水路を作っている、という噂を聞いて、難民が自分の土地へ戻ってくる。そして水路作りを手伝って、畑を耕して、復興していく。もちろん、本当に想像を絶する生き死にの厳しさの中での話なんだけど、自主的にやっていく強さ、そこにある明るさ、希望、みたいなものを感じました。自分に今、なにができるだろう…と考えます。干ばつは、温暖化のせいでもある。自分のすることが回り回ってつながっていくこともあるだろうから。

うまく言えないので、とにかく、HPを見て、知って下さい〜。

|

« 夜桜も美し | トップページ | 個展のお知らせ »

クマとか森とか平和とか」カテゴリの記事

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜桜も美し | トップページ | 個展のお知らせ »