« 読書の秋? | トップページ | 金木犀 »

明治座クラコン!

28529今日は『加子母で第11回明治座クラシックコンサート』でした。わたしは今年ちょこっとスタッフだったので、パンフレット配布をしたりちょこちょこ参加しておりました。

この明治座クラシックコンサート(通称クラコン)は、12年前、当時東京芸大の教授だった?田中千香士さんが偶然立ち寄った明治座でバイオリンの名器ストラディバリウスを奏でたところ、木造に響く音に感激されたことが出会いで始まったコンサートだそうです。なんか素敵ね。毎年、秋に開催されて有名どころの運命や田園や新世界とかをやってくれて、コンサートの次の日は、加子母の小中学生と妊婦さんご招待のコンサートをしてくれるのです。学生さんからOBの方、今をときめく若手演奏家の方、先生方と、素晴らしい演奏家の音を、畳に座って聞くのです。。。ほんと、他ではない、明治座ならではです。

今年は、ボッテジーニ/バイオリンとコントラバスのためのグラン・デュオと、チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調作品36を。50人近い編成でした!

バイオリンとコントラバスのは、なんかすごかった!わたし、コントラバスの音、好きなんです(って全然詳しくないけど)。コントラバスを抱えて弾く姿は、なんだか恋人に語りかけるような?感じで素敵です。すごく技術のいる曲らしく、まさに、超絶!って感じでした。

チャイコフスキーのは、コメディ要素を含んだ人生ドラマの長編映画を見ているようでした。映像がたくさん湧いて来て、物語や絵本が描けそうな感じ。おもしろいですね。あれはオーボエかな、それとフルートとクラリネットとファゴットの?掛け合いみたいな部分が何度も出て来ておもしろかった。ティンパニーもかっこよかった。もちろんバイオリンも。トライアングルも。音楽は耳から直接ハートに届く。って田中先生が言っておられたけど、ほんとうに語るものが多くて、いろいろ想像が飛躍していきます。同時に聞いてる500人近くの人の頭で、同時にどれだけのイメージが飛び交ってるのかと思うと、すごいことだよね〜。

今日はほんとに堪能しました。
来年もあるといいな。

|

« 読書の秋? | トップページ | 金木犀 »

徒然」カテゴリの記事

舞台のこと」カテゴリの記事

音楽のこと」カテゴリの記事

コメント

おお、チャイ4!大編成の曲ですね~。
低弦の音、私も大好きです。大学(って、隣の大学のだったけど・・)オケでは、チェロを弾いていたのよ。

投稿: miwako | 2008年10月 6日 (月) 09:19

notemiwakoちゃん
書き込みありがと!
ハープだけでなく、チェロも!
やりますな〜。
チェロもいいよね〜。。。

なんか、春あたり管弦楽のミニコンサート、、、ちょっと企み中なのです。

投稿: ほんま | 2008年10月 6日 (月) 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の秋? | トップページ | 金木犀 »