« 15年ぶりに | トップページ | 一週間で »

会ってみたかった人

東京はなしのつづきですが。。。

何をメインに行ってきたかというと、実はダライ・ラマ14世の講演会を聞きに行ってきたのです。知り合いのブログで講演を知って、なんだか思い立って、チケットぴあに気合いを入れて電話したら、チケットとれたんです。。。

ダライ・ラマ14世のことは、そんなにそんなに知らないのだけど、、映画のチベットチベットやガイアシンフォニーで見た印象から、いつかお会いしてみたいなーと思っていたので。

会場は、なんと、両国国技館!

はじめて行ったわ!両国!やっぱし駅前、ちゃんこ屋さん、多し。

で、駅の出たところから、ダライ・ラマ講演会最後尾の看板もったお兄さん。そこから国技館まで長蛇の列。開演40分前についたんだけど、これ、間に合うのか?っていう勢い。いろんな人がいました。お坊さんや、アジア好きそうな格好の人や、ものつくりっぽい人や、いろいろ。若者から六〇代ぐらいまでが多かったかな。。入り口では、配布許可の印を付けた人が、いろいろチラシを配ってました。チベット関係の。映画DVDとか、活動紹介とか。で、いよいよ、入れるところでは、入念な鞄チェックと、金属探知器?かな?金魚すくいの大きくなったような機械で一人一人チェック。そりゃそうだよね。立場の大きさを実感しました。

席は2階の真っ正面、椅子席。とってもよかった。

ところが、いざ、お話が始まると、、、昨晩の夜行バスで眠れなかったがたたって、英語がよくわからないのもあって、、ふ、ふかくにも、眠気が。。。何しに来たの!わたし!!

なので、スケッチしたり、お話をメモしたりして、とにかく頭を働かせて。。

特に印象に残っていることを、すこし。

はじめに、ご自分のことを、超能力があるわけでもなく、今日会ったから人生が劇的に変わるとか病気が治るということもありません。一人の人間であり、僧侶ですから。って。

なんでも鵜呑みにするのではなく、それぞれ自分で、その事柄について、証拠を調べて信じる、信じない、の選択をする権利がある。

自分の心を平穏、平和に保つことが、体にもいいし、心が幸せで平和な人間になることが自分に良く、家族にも良く、ひいては世界的な土台になる。

なんか。うまくかけませんが。

「しらべる」

という言葉が、いっぱい出てきました。事柄も、自分の心も、観察して調べる。うのみにしない。それは大変なことだけど、物事や自分に対して誠実な態度なのかな。。って思いました。

「I think」という言葉も、たくさん。これって、私はこう思いますが、あなたはどう思いますか?って問われているような気がしました。

優しい良く響く低音の声。ゆっくりした英語。観客に手を振ってみたりするお茶目なところ。すごく明晰。あの優しさの後ろにどれだけの困難と悲しみがあるのだろう。慈悲。ほんとうに素敵なおじさん。自分も自分のところでがんばろう、心が平和でいられるように自分の心と向き合おう。そんなことを思ったわけです。お会いできてよかったな。

|

« 15年ぶりに | トップページ | 一週間で »

クマとか森とか平和とか」カテゴリの記事

徒然」カテゴリの記事

旅もいいね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15年ぶりに | トップページ | 一週間で »