« おもしろたのしいろあそび展 | トップページ | マト猫がたくさん! »

神明神社の試楽祭

今日は、引っ越しした先の区の、神社の試楽祭でした。

夕暮れ、まさに逢魔が時、ろうそくの明かりを灯した提灯の明かりがゆらゆらと田んぼの畦道をのぼっていきます。お囃子の笛と太鼓。とてもとてもきれいな情景。お寺の前でお神酒をいただき、ちょっとほろ酔いで着いていきます。

神社に獅子が入っていく先を、提灯で灯して。鳥居をくぐります。

試楽祭では、子どもの獅子が舞います。この日の為に練習して来た舞。代々人から人へ続いて来た踊りとお囃子。先輩たちから、そこは違うって指導も入ったりするのも、それぞれの人の想いを感じられます。

雌獅子も舞います。どちらも男の子が入っていますが。雄獅子とは違って動きがかわいらしいです。

明日はお昼間に餅投げや巫女の舞があります。


こういうお祭りって、、、ほんとうに素敵です。
「日本」だな〜と思います。
繋げていくことは面倒で大変なことだけど、それができていることは素晴らしいし素敵なこと。だって、無くなっちゃうのはあっという間。それで人と人の繋がりも切れてしまう。個人や家庭という単位で日々の暮らしは進んでいく現代、だから寂しいって孤立感を感じている人も多いと思う。こういうお祭りが、特に大げさに宣伝するでもなく、人知れず?地域の中で続いているって、加子母、すごいな〜と改めて思います。

|

« おもしろたのしいろあそび展 | トップページ | マト猫がたくさん! »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おもしろたのしいろあそび展 | トップページ | マト猫がたくさん! »