« 日本蜜蜂ぶんぶん | トップページ | お花畑 »

ほうろく灸なるものを〜


頭からモクモク煙がでております。
これが、ほうろく灸で、ございます。

こないだお友達に誘ってもらって、隣町の「寶心寺(ほうしんじ)」へ行ってまいりました。
年に1度の『ほうろく灸』をしてもらいに。

朝10時に行くと、もうお堂はいっぱいでした。祈祷申込書?に、名前や住所や祈祷の内容や数え年(←最近自分の年がわからなくなってきた…)を書いていたら、定員が満員になったので、第1回目の会は見学、2回目に受けることにしました。

このお寺は真言宗で、ご本尊はお薬師様。お薬師様の像が2つ、霊験新たかなお薬師様の化身?の石が1つありました。誘ってくれたお友達の旦那さんは仏師なので、彼の彫ったお薬師様もご本尊の一つとしてまつられていました。彼が仏様を制作しているところは見学したことあるけど、ご本尊としてまつられている姿ははじめて見ました。仏様なんだ〜〜。普通の彫刻とは違う世界。仏様なんだな〜。

さて、自分の番になって、ほうろくの上の山盛りモグサに火をつけてもらいます。意外と熱くないわ〜と思っていたら、じわじわと熱さが。頭が禿げるんじゃないか??ってぐらいモグサの下はあっちんちんです。両手で持って距離を保ったり工夫しながら、じんわり心地いい温かさを楽しみました。お腹にもあててベビちゃんにも。気持ちよかったです〜。

その間にお坊さまは、お経を上げてくれたり、一人一人祈祷して下さったり。お灸が終わった人には、ぶっといお経をぱらぱらアコーディオンみたいにしながら(わかるかしら?)お参りしながら肩や頭をバンバン叩いたりして、、、すごかった。

最後に、おうどんをいただき、お腹いっぱいの1日でした。

|

« 日本蜜蜂ぶんぶん | トップページ | お花畑 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本蜜蜂ぶんぶん | トップページ | お花畑 »