« 磁叟庵さんに | トップページ | 小さい秋 みつけた »

葉っぱのフレディ


夏の間とりかかっていた作品「葉っぱのフレディ」。

演劇企画オフィスアートプランさんの「朗読劇」のためのイラストです。

全国おやこ劇場の演劇リストに入っているそうで、全国に飛び回って活動しています。初演は9月の頭だったので、もう何組のおやこさんが観劇してくれたんだろう、、と思うと不思議な気持ちです。私は描いただけで、その後どういう風に舞台が出来上がっていったのか知りません。映像を映し出して、朗読するそうですが、一度近くで公演があったら観に行きたいな〜と楽しみにしています。

「葉っぱのフレディ」は、本の存在は知っていましたが、今回のお仕事で初めてゆっくりじっくり読みました。こんな話しです。

葉っぱのフレディは、大きな木のてっぺん近くに生まれます。周りには葉っぱの友達がいます。風や心地よい空気や小鳥のさえずりや、涼みにくるお年寄りや子ども達の様子を楽しみながら過ごす夏。寒い霜が降りた次の日の紅葉。そして北風に散っていく葉っぱたち。「死ぬということ」「生きることの意味」そんなことを友達のダニエルと語り合いながらフレディは考えます。そして冬。最後の一枚になったフレディは、散りながら初めて自分のいた木の全体をみます。また、春がきます。

絵を描くと云うことは、私なりにこの本の世界を描き直すということで、なんだかとても不思議な体験。自分の中の気持ちも色々見つめ直すことができました。いのちって不思議だな〜って。そういうことを安易な言葉で表現するんじゃなくて、お話しの中で感じられたらいいですよね。絵が朗読劇を見る子ども達のヒントになったら、嬉しいな〜と願っています。

絵本はこちら↓

葉っぱのフレディーいのちの旅ー

作:レオ・バスカーリア 絵:島田光雄 訳:みらいなな 出版社:童話屋

|

« 磁叟庵さんに | トップページ | 小さい秋 みつけた »

本のはなし」カテゴリの記事

絵のはなし」カテゴリの記事

舞台のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磁叟庵さんに | トップページ | 小さい秋 みつけた »