« 久しぶりの加子母歌舞伎 | トップページ | 愛を飛ばそう »

加子母歌舞伎が終わると秋が来ます

3日に加子母歌舞伎公演がありました。

七年ぶりの公演本日。
化粧するまでハイテンション!であれやこれやしゃべり過ぎるぐらいの勢いでした。
顔師の先生の前で順番を待つ頃は、ドキドキワクワク。死んでる役なので、ちょっと青白い仕上がりで、お客さんには見えないと思うけど歯もすごかったの。既婚女性だからお歯黒はするんだけど(本物ではないよ)プラス赤で、血が出てるというか、、、だいぶゾンビっぽかったです。カツラも、水死体だから、いい感じに乱れてて、なかなか色っぽいものでした。個人的にはかなり気に入っております。こんな役、なかなかないもんな〜。
それに懐かしい先生方に出会えて嬉しかったな〜。

本番もいろいろあったけど、楽しかったです。
私は、この空気が好きで加子母にいたんだな〜と思うこの頃。歌舞伎の仲間が大好きです。

17

|

« 久しぶりの加子母歌舞伎 | トップページ | 愛を飛ばそう »

舞台のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの加子母歌舞伎 | トップページ | 愛を飛ばそう »